育毛シャンプーと普通のシャンプーと効果は違うのか?

最近よく耳にする育毛シャンプー。薄毛の人のために開発されたシャンプーですが、普通のシャンプーとはどこが違うのでしょうか。

・余計な物は入れない

一般的なシャンプーは、指通りを良くするためや髪の艶出しにシリコンを配合したり、香りを良くする目的で香料が加えられます。しかし、これらは髪を美しく見せるのには役立ちますが、育毛には全く役に立ちません。

そのため育毛シャンプーでは、薄毛改善に不必要なこれらシリコンや香料などの化学物質は極力入れないようにして、頭皮が余計なストレスを受けないようにしています。

・大事なのはちょうど良い洗浄力

シャンプーの目的は、髪や頭皮の汚れを落として清潔にする事です。そのため一般的なシャンプーは、石油系の洗浄成分を使って洗浄力を強めています。

しかし洗浄力が強すぎると、汚れや余分な皮脂をきれいに落とせる半面、頭皮を保護するのに必要な皮脂の膜まで洗い流してしまいます。

皮脂膜を取られた頭皮は乾燥してカラカラです。薄毛を改善するのに理想的な頭皮は、汚れや多過ぎる皮脂だけを除去して最低限の皮脂は残っている状態です。つまり、清潔でありつつ皮脂膜で潤った頭皮を作る事が育毛には重要になってきます。

このように育毛に適した頭皮環境を整えるのが育毛シャンプーです。育毛シャンプーは、頭皮の事を第一に考えて開発されているため、洗浄成分には天然のアミノ酸系の物がよく使用されます。

アミノ酸系のシャンプーは、洗浄力が程よいため頭皮に潤いを残しながら汚れや過剰な皮脂を洗い流せます。

注意したいのは、販売されている育毛シャンプーの中には石油系の洗浄成分を使用している物があるという点。これらは、オイリーな頭皮向けの商品が多いようですが、成分にこだわりたい場合は避けた方が良いでしょう。

・洗浄プラスアルファ

薄毛の改善を目的に開発された育毛シャンプーには、髪の成長を促す成分が配合される場合があります。

センブリエキスやクララエキスなどの植物エキスや育毛剤にも使用されるような成分を配合することで、頭を洗うと同時に育毛成分が頭皮に働きかけます。

まとめると育毛に関係ないものは極力入れない事で安全性を高めていて、頭皮に最適な洗浄力で皮脂膜を守り、育毛成分で髪の成長を後押ししてくれます。実際にシャンプーの種類を変えて抜け毛が減ったという情報もあるほどです。

頭皮環境を整えるのは育毛の基本になるので、今使っているシャンプーに疑問を感じたら育毛シャンプーを試してみる事をおすすめします。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です