普段の食事を見直して薄毛改善を目指す!

髪の毛は普段の食事から作られてます。なので、毎日の食事が薄毛に負けない健康な髪の毛を手に入れることにもつながります。

そこで、薄毛改善に役立つ髪の毛に良い食べ物を紹介します。

1つ目は「納豆」です。納豆には髪の毛の素となるタンパク質を豊富に含んでいます。

また、納豆の原料である大豆はイソフラボンという薄毛を引き起こす原因となる男性ホルモンの分泌を抑制するので、納豆は薄毛改善に最適な食材なのです。

さらに、大豆には皮膚の新陳代謝を活発にするビタミンB2を含んでいるので頭皮を健やかな環境へと導きやすくします。

そして、納豆独自の栄養成分としてナットウキナーゼという成分があります。

ナットウキナーゼは血液をサラサラにする働きがあり、頭皮の血行促進効果にもつながるので、髪の毛に良い栄養素が届きやすい頭皮環境作りに役立ててくれます。

2つ目は「牡蠣」です。髪の毛はケラチンというたんぱく質が主成分となっています。このケラチンを形成するのに必要なのが亜鉛です。

その亜鉛を豊富に含んでいるのが牡蠣です。特に生牡蠣により亜鉛の含有量が多いです。亜鉛は普段の食事では摂取しにくく、欠乏しやすい栄養素とも言われています。

亜鉛はケラチンを作り、髪の形成に必要な栄養素なので、薄毛に悩む方は意識して摂取して欲しいです。

3つ目は「レバー」です。レバーは髪の毛の主成分であるたんぱく質と頭皮の環境を良くするビタミンを豊富に含んでいることから、健やかな髪の毛を作るのに必要な栄養素をバランス良く摂取できます。

特に薄毛改善に働きかけるのは、頭皮の新陳代謝を活発にするビタミンB群、頭皮を丈夫にし薄毛を防止するビタミンAです。レバーは髪の毛を健やかに保ち、丈夫に育つ環境を作ってくれる素となる食材だと分かります。

4つ目は「緑黄色野菜」です。緑黄色野菜には髪の毛に必要なビタミンが多く含まれています。頭皮の健康に役立つビタミンA、頭皮の代謝を高めるビタミンB2が緑黄色野菜に豊富に含んでいます。

その中でもほうれん草や小松菜は薄毛改善に特におススメな緑黄色野菜です。血行を促進させる鉄分も含んでいるので、ビタミン類といった頭皮の健康に必要な栄養素を頭皮へしっかりと届けてくれる役割を果たします。

5つ目は「ナッツ類」です。ナッツ類には髪の毛を健やかに成長させる働きをもたらすビタミンEが含まれています。ビタミンEは毛細血管を広げ、血行を良くするので頭皮に必要な栄養素を届けやすくするので薄毛対策にはおススメしたい食材です。

その他、魚介類、柑橘系の果物も髪の毛の健康を保つ栄養素を含んでいます。よって、たんぱく質やビタミン類が多く含まれている食材が薄毛対策として取り入れて欲しい食材であることが分かります。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です